わきがなどといった体臭には抗菌作用の高い石鹸や薬を使い、しっかりと洗浄してあげることが大切です。
美容クリニックで手術をすることで改善できますが、もしすぐに改善を求めているのでしたら普段からのケアも重要なこととなります。
細菌が増加してきてしまうことにより、わきが臭もキツくなってくることになるので、毎日お風呂に入り清潔にすることは基本です。
女性はホルモンの変化がしやすい体質であり、ワキガの悩みを多くの人が抱えてしまっているので早期治療が必要なのです。

 

「ワキガのことで手術をするのは抵抗がある」という方には、その他にも症状を抑えることの出来る治療法もあります。
ボトックス注射なら、ちょっとした注射によってワキガの改善効果がありますが、強度なワキガの場合には効果を期待出来ませんのでご注意ください。



コンプレックス解消のためにワキガの治療ブログ:11月29日

わしの親父は、優しくてすごく頼りがいのある人です。
少なくとも、わしにはそのように感じていました。

わしは、
親父のようにならなくてはならないと思っていたのかもしれません。
もしかしたら、わしが、
親父にようになれと言われてきたのかもしれません。

でも、そんなわしを試すかのように、
何度となく自分自身を情けなく
女々しくさせるようなことが起こりました。

そして、
「こんなわしでもいい?」というかのように、
親父の前で何度も、
そんな情けないわしを見せてきました。

出社拒否なんか、まさしくそうでした。

親父は、
「そんなときもあるよ…」
といってくれるのですが、
わし自身はそれを認めないんですよね。

「そんなこといってるけど、本当は怒ってるよね?」
と、自分自身が問いかけていたような気もします。

自分自身で認めたいけれど、それができないから、
親父に認めてもらうことで納得したい、
許してもらいたいというのがあったと思います。

そして、それを試すようにいつまでも
ウジウジと女々しい自分を
親父に見せたりしてたような気もします。

そして、
親父が怒り出したら、
「ほら、やっぱり」って、
こんなわしじゃダメだよねって思ったりしてたんですよね。

こんなことは建設的じゃないと思うんですが、
わしは何か新しいことを始める時に出てくる
パターンになってしまっていました。

そして、その自信のない自分を満たしてもらいたいという感情は、
父母とお子様の関係だけでなく
旦那と奥さんの関係でも、
このパターンが出てきたりするんですよね。

そんなとき、こんな情けない自分でもOK!を出せれば、
すごく楽になるんだと思うんですよね。


このページの先頭へ戻る